インテル

インテル (Intel) は、半導体メーカーである。米国法人である Intel Corporation はカリフォルニア州のサンタクララ市、日本法人であるインテル株式会社は茨城県つくば市に本社を置く。Intelという名称はIntegrated Electronicsからきている。

カリフォルニア州のサンノゼ市にある半導体の生産工場には、インテルの歴史を紹介しているインテル博物館を併設。日本語での音声案内もあるので日本人にも見学しやすい環境となっている。

インテルの概説

主に、PC/AT互換機ならびにアップルコンピュータ製Macintoshといったパーソナルコンピュータ用のMPUであるi8086シリーズの流れをくむIA-32と、IA-64、AMD64と互換性のあるIntel 64などのマイクロプロセッサやチップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。

インテルの歴史
米国法人はアンドルー・グローヴ、ロバート・ノイス、ゴードン・ムーアらが設立。当初は半導体メモリの開発・製造・販売を目的としていた。世界最初のDRAM(1103)とUV-EPROM(1702)はインテルから発売された。しかし、日本企業の追撃が激しかったため、DRAMからは1985年頃に撤退している。仕方なくマイクロプロセッサ関連事業に経営資源を集中した。その結果1990年代後半から現在に至るまで世界第1位の半導体メーカーとして君臨し、その座は当分揺るぎそうもない。

日本法人は、1971年に渋谷区に設置された米国法人の日本支社が前身。その後、1976年にインテルジャパン株式会社が設立され、1997年2月1日に現在の商号に変更した。

インテルが世界で初めてのマイクロプロセッサを開発したきっかけは、日本のビジコンという会社が、さまざまな電卓に同じハードウェアで対応できる汎用デバイスの開発をインテルに依頼したことである。実際に開発したのはこのときビジコンからインテルに出向した嶋正利と、インテルのテッド・ホフ、フェデリコ・ファジンらである。

彼らは、ストアドプログラム方式のコンピュータをLSIに集積するのが最適と気づき、4ビットマイクロプロセッサi4004を開発した。当初i4004はビジコンの電卓に独占的に使われていたが、インテルは開発費の負担と引き換えに外部への販売権をビジコンから得、これをMCS-4として一般向けに販売を開始した。

2006年にロゴ (CI) を刷新。


  • インテルの概説
  • インテルの主な製品
  • インテル
  • インテル セルロン
  • インテル cpu ロードマップ
  • インテル r バーチャライゼーション テクノロジー
  • インテル グラフィック
  • インテル セリエa
  • amd インテル
  • インテル 株式会社
  • インテル core 2 duo プロセッサー
  • インテル クアッドコア
  • アルファ インテル
  • インテル core duo
  • インテル グラフィック メディア アクセラレータ 950
  • インテル ペンティアム 4
  • インテル 前橋
  • インテル 戦略
  • インテル ロゴ
  • wccf インテル
  • インテル core
  • インテル フォーメーション
  • インテル ジャパン
  • インテル ミラン
  • インテル サット
  • インテル プレス
  • インテル amd
  • インテル 壁紙
  • インテル セレロン
  • セリエa インテル
  • インテル ペンティアム
  • インテル 決算
  • インテル グラフィック メディア アクセラレーター 950
  • インテル マザーボード
  • インテル アドリアーノ
  • インテル グロー
  • インテル cpu 性能 比較
  • インテル mac
  • インテル ロードマップ
  • cpu インテル
  • インテル cpu 比較
  • インテル ナショナル
  • インテル ユニフォーム
  • ジャック インテル
  • インテル サッカー
  • インテル チップセット
  • ジャック インテル 報告書
  • インテル cm
  • インテル core 2 duo
  • インテル マック
  • インテル プロセッサー
  • インテル ミラノ
  • サッカー インテル
  • インテル cpu
  • インテル 通信
  • 更新履歴